部門紹介:看護部

理念

循環器専門病院にふさわしい能力と人間性を身につけ、患者様に信頼される看護を提供する。

方針

  1. 安全・安心・安楽な看護を提供する
  2. 暖かく信頼される看護師になるよう、自己の研鑽に努める
  3. 循環器専門病院として、医療・看護の質の向上を目指す

メッセージ

当院は循環器治療の専門施設です。こころを込めた循環器・心臓病の最新治療を通じて、地域社会に貢献することを目指し、地域の皆様に信頼される病院になるよう、チームが協力して医療に取り組んでいます。看護部はこの基本理念に基づいて、医療の質の向上に努めること、そして、信頼される看護の提供を目指しています。

単科の病院であるため、求められる知識や技術は、自ずと専門的に深くなっていきます。しかし、患者さんの状態は、急性期から、回復期、慢性期〜終末期まで、広い範囲にわたります。1つの看護単位に『救命救急の場面』と『自己管理に向けた準備』『終末期の看取りの時間』が同居しているところが難しいところですが、患者さんをトータルで看るという看護の力が生きる現場です。看護師の業務も、外来・カテ室・手術室・病棟などの部署で分けずに、チーム全体で兼務する体制をとっています。

全てのスタッフが、偏り無く患者さんの全体を看れるように努めています。

外来

フットケア外来
フットケア外来

当院を受診される患者さんに、最初に関わるのが外来です。病院の印象を左右する部署として接遇を大切にするよう努めています。

来院された患者さんの緊急性や重傷度を判断して、適切な診療につなげる役割は重要です。また、退院後のセルフケア行動を確認することも、入院を繰り返さない為の大切な関わりです。

禁煙外来・睡眠時無呼吸外来・フットケア外来では、特に看護が大きな役割を果たしています。

カテーテル室

カテーテル室
カテーテル室
カテーテル室での様子
カテーテル室での様子

当院のカテーテル室スタッフには、循環器のスペシャリストが沢山います。優れたチームワークで速やかに検査・治療を行っています。安全に検査・治療を実施する為の状態把握とともに、患者さんの不安や苦痛を軽減できるような関わりも看護の重要な役割です。

カテーテル室では、冠動脈検査・治療だけでなく、不整脈アブレーション、ペースメーカー・ICD・CRTDの挿入、CASなどの治療も行っています。チーム全員が、知識を深め、常に新しい情報を得るように努力をしています。

安静室

安静室
安静室

安静室には、日帰りカテーテル検査を受ける患者さんが入院されます。

カテーテル室と同フロアーにあり、患者さんの負担が少ないよう配慮された6床の病室です。

病室内を見渡せるナースコーナーに看護師が常駐して、初めての患者さんにも緊張なく検査を受けていただき、安心して退院していただけるよう看護しています。

手術室

手術室の様子
手術室の様子

患者さんやご家族に安心して手術を受けていただけるよう、安全で質の高い手術看護を提供するよう努めています。心臓血管外科手術看護は、難易度が高いとされていますが、スタッフ全員が自分の役割で最善をつくし、チーム一丸となって取り組んでいます。

手術前にはカンファレンスを行い、最も安全で低侵襲に手術が行えるよう検討し、当院で手術をしてよかったと患者さんやご家族に言っていただけるよう努力しています。

病棟

病棟
病棟
ナースステーション
ナースステーション
病室
病室

循環器内科と心臓血管外科の患者さんの病棟です。

集中治療室5床には、超急性期と術後の患者さんが入床され、患者さんに近い距離で看護し治療・回復に努めています。医療機器の扱いや薬剤についての知識を深めるだけでなく、患者さんやご家族の精神面への配慮も必要です。

一般病室34床では、急性期から回復期の患者さんの看護を実践しています。患者さんが、安全・安楽に治療に取り組み、安心して退院できるよう、そして患者さん個々の社会面・身体面・精神面に考慮した指導介入を行えるよう、看護師が一致団結して取り組んでいます。

慢性期から終末期にいたる患者さんやご家族を支える看護も大切にしています。

心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーション室
心臓リハビリテーション室
心臓リハビリテーションの様子 心臓リハビリテーションの様子
心臓リハビリテーションの様子

入院中のうっ血性心不全、急性心筋梗塞、狭心症のカテーテル治療後、心臓血管外科手術の術後患者さんを対象に、心臓リハビリテーションを実施しています。

医師・薬剤師・栄養士・臨床検査技師・看護師の多職種で協力しながら運動療法を行い、再発予防などの生活指導も行っています。