部門紹介:薬局

薬局の方針

薬局1
薬局長 高井 靖

循環器・心臓病の最新治療を行う上では、薬を適切に用いることは非常に重要です。当薬局では『薬に関することは薬局で』をモットーに、調剤業務・薬剤管理指導業務をはじめ、さまざまな形での薬物治療に関わっています。

積極的に学会・研修会に参加し、最新の薬物治療について学び、また当院での治療経験などを発表しています。

薬局内では上下関係なく意見交換が行える環境づくりに心がけ、患者さん個々の薬物療法について討論し、当院で行う循環器・心臓病の治療に役立てるよう邁進しております。

薬局の仕事

調剤業務

薬局1

外来で来られた患者様、入院されている患者様の薬を、医師の処方箋に基づいて調剤します。このとき、患者様に安全に服薬していただくために、薬の投与量や飲み合わせなど、薬剤師の観点から鑑査をおこなっています。

また、注射箋に基づいて、配合変化や投与量に問題がないか監査して、各部署へ届けています。

服薬指導

薬局2

薬局の窓口や病棟のベッドサイドで、飲んでいただく薬についての説明および患者様の相談に答えています。

同時に薬の効果、副作用が出ていないかなどをチェックし、適切に薬が用いられるよう注意しています。

病棟薬剤業務

薬局5

入院される患者様の持参薬の確認、投与される薬剤の薬効・副作用の初期症状などについての説明、薬剤の処方設計などを通じて、治療がより効果的で安全に行われるようサポートしております。

在庫管理

薬局3

医薬品の適正な在庫量の調整、期限切れの薬品がないかなど、院内にある薬品の管理を行っています。

DI業務

薬局4

スタッフからの問い合わせに、的確・迅速に対応しています。

また患者様に最新の薬物療法を提供できるよう、週1回、薬局内で研修を行っております。

院外処方箋の発行について

患者様各位

当院では開院以来、院内処方を継続してまいりましたが、2014年4月より院外処方箋の発行を推奨させて頂くことになりました。院外処方とは医師が治療に必要な薬を処方箋で指示し、保険薬局で薬剤師がその処方せんをもとに調剤して、患者様にお渡しする方式です。院外処方への移行について、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

ご開局の先生方へ

当院の採用医薬品リストはこちらになります。ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。