部門紹介:放射線科
放射線科
技師長 水﨑 繁

循環器・心臓病の治療において、画像診断は必要不可欠です。そこで我々診療放射線技師は、診療に携わる医師、スタッフのニーズに応じた画像を提供できるように心がけています。また、画像を提供するだけではなく撮影装置等が正常に作動するように、整備や管理を行っています。
撮影装置の著しい進歩や多機能化が進むなか、当院でも様々な機器の更新、新規導入を行いました。当科に関連したものに関しては、CR装置の機器更新、アンギオ装置(バイプレーン心血管撮影装置)のアップグレード、MRI装置の新規導入、CT装置のアップグレード、画像処理システム(ワークステーション)の機器更新と増設が行われました。それに伴い、我々も学会や研修会など知識向上や新たな技術習得と共に、機器の性能を最大限に生かせるよう日々努力を行っています。

<取得している主な認定>

  • 血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師
  • X線CT認定技師
  • 第1種放射線取扱主任者資格

主な業務

一般撮影業務

放射線科の業務の中で、最も一般的な業務であり、X線を用い体内を透過したX線を画像にします。当院では主に、胸部・腹部・頚椎等の撮影を行っています。また、移動ができない入院患者様や、救急患者様は回診用X線装置(ポータブルX線撮影装置)で撮影を行います。

<使用装置>

  • 医用X線高電圧装置:KXO−50R(TOSHIBA)
  • 回診用X線装置:IME−100A(TOSHIBA)
  • CR装置:FCR XL-2/Console Advance Mini(FUJIFILM)

CT撮影業務

CTとは、Computed Tomography(コンピューター断層撮影装置)を略した名前です。この検査は、X線を用い体の輪切りの写真を撮影します。体内を透過したX線を検出し、コンピューター処理を行うことにより、輪切りの画像を得ることが可能になります。当院では64個のX線検出器を搭載した装置を使用しており、一度に最大64枚の画像を得ることができます。このことより比較的広範囲の検査でも、息を止める時間が短くなり、より一層患者様への負担が軽減されます。撮影時間の短縮や検出器の多列化など装置の進歩、さらに心電図同期など特殊な技術を用いることで、高精度な3次元画像も作ることができるようになります。冠動脈においては、血管造影に頼らず病変を評価することが可能となりました。また今回、当院ではCT装置のアップグレードに伴い、PHILIPS社独自の画像再構成法であるiDoseが搭載され、被ばく低減を行っても従来と同等の画質を得ることができる次世代画像再構成が可能になりました。これにより、従来よりも被ばくを軽減し、検査を行えるようになりました。

<使用装置>

  • Brilliance 64(PHILIPS)
Brilliance 64
Brilliance 64
Brilliance 64
Brilliance 64

MRI撮影業務

2016年10月に当院にMRI装置が新規導入され稼働が始まりました。MRIとはmagnetic resonance imaging(核磁気共鳴画像)を略したものです。この検査は、強い磁石と電波を使用することにより画像を得ることができます。MRI検査は、CT検査とは異なりX線を使用していないので被ばくがありません。また一部では、造影剤を用いて行う検査もありますが、血管の検査においては、MRI検査では造影剤を使用しなくても描出が可能です。MRI検査での心臓撮影は、エコー検査や核医学検査、冠動脈造影検査で行う検査が一度に行うことが可能になります。

<使用装置>

  • Ingenia 1.5T CX(PHILIPS)
Ingenia 1.5T CX(PHILIPS)
Ingenia 1.5T CX(PHILIPS)
Ingenia 1.5T CX(PHILIPS)
Ingenia 1.5T CX(PHILIPS)

心臓MRI検査について

心臓MRI検査では、1.心筋壁運動評価(非造影)、2.心筋梗塞部位の評価(造影)、3.心筋虚血の評価(造影)、4.冠動脈形態の評価(非造影)が行えます。


1.心筋壁運動評価

この検査は、心臓を動画で撮影する(CINE MRI)ことにより、心筋の壁運動を評価することができます。心駆出率、拍出率、拍出量等の評価も可能です。


2.心筋梗塞部位の評価

この検査は、造影剤を用いて行い、造影剤を静脈から注入し、しばらく経ってから撮影を行います(遅延造影検査)。梗塞心筋部位は白く造影されます。


3.心筋虚血の評価

この検査も、造影剤を用いて行います。また、この検査は薬剤(ATP負荷)で負荷をかけることにより、虚血心筋の評価を行います。静脈から注入した造影剤が心筋内を通過する過程を撮影した画像になります(perfusion MRI)。虚血を起こしている心筋は造影されず、心筋が黒く描出されます。


4.冠動脈の形態評価

この検査は、造影剤を使用しません。心臓の動きに合わせて撮影を行うことにより、冠動脈を描出することが可能であり、狭窄部位を見つけることができます。


血管造影検査

血管造影検査(治療)は、カテーテルと呼ばれる細い管を血管に挿入し、造影剤をカテーテル先端より注入することで目的とする血管の診断や治療を行います。当院では、主に心臓を栄養している血管である、冠動脈の造影・治療を行っており、頚動脈・下肢動脈等の検査、治療も行っています。また、血管造影室では、冠動脈造影・治療のみではなく不整脈の検査・治療や心臓ペースメーカーや植込型徐細動器(ICD)・両心室ペーシング機能付埋込型徐細動器(CRTD)などの埋め込み手術も行っています。

<使用装置>

  • Allura Clarity FD10(PHILIPS)
  • Allura Clarity FD10/10(PHILIPS)
Allura Clarity FD10
Allura Clarity FD10
Allura Clarity FD10/10
Allura Clarity FD10/10

今回、当院ではAllura Xper FD10/10からAllura Clarity FD10/10にアップグレードを行いました。Clarityの特徴は、優れた画像処理技術により、リアルタイム作動が可能になりました。また、心臓領域ではアプリケーションに最適化された画像処理が行われ、被ばくの低減、高画質の実現が可能になりました。それに伴い、X線量を低減することで患者様への安全性が向上し、また散乱線による被ばくの軽減により、医療スタッフの安全性も向上しました。