部門紹介:臨床検査科
内田
技師長 内田 文也

患者様に、心を込めた循環器・心臓病の最新治療を提供するにあたり、生理検査部門では、臨床医が正確で迅速な診断が下せるように、日々検査技術の研鑽に努めるだけでなく、最新の高度専門知識を得るために学術活動にも積極的に参加するように心がけています。

さらに、診断の場から治療の現場であるカテーテル室・手術室業務にも携わり、そこで得た知識・経験を診断技術にフィードバックするようにしています。

このように、循環器診療における最先端の診断、治療、そして経過観察を遂行するために、常に他職種とのコミュニケーションを大切にして、チーム医療の一員であることを自覚しつつ業務に取り組んでいきたいと考えています。

各部門

生理検査部門

当センター生理検査分門では、循環器疾患治療専門施設として対応すべく、様々な循環動態を評価して病態を解明するために、循環器関連の生理機能検査に特化した検査体制を整備しています。

生理検査部門システムでは、電子カルテと密接にリンクさせて、外来診察室はもとより、院内すべての電子カルテ端末より、心電図波形、超音波画像(動画・静止画)、報告書などすべての情報が閲覧できるよう整備されています。

心電図検査は循環器診療には不可欠な検査です。安静12誘導心電図のみならず、マスター負荷心電図やトレッドミル負荷心電図にて心臓に負担をかけて、安静時ではわからない心電図異常を検出しています。24時間心電図(ホルター心電図)では、患者様の通院負担軽減のため、検査翌日ホルター脱着後、直ちに解析を行い、その解析結果を外来診察にて主治医より説明ができるような体制もとっています。

超音波検査では、心臓超音波検査による心機能評価や肥大の有無、弁膜症の重症度、先天性心疾患の病態 把握など詳細な観察を行っています。また動脈硬化による血管病変の評価のために頚動脈末梢血管(下肢など)腎動脈超音波検査なども行っています。その他、超音波を用いて各種臓器別に腹部超音波検査(肝・胆・膵など消化管)甲状腺・乳腺超音波検査などにも対応できるよう体制がとられています。

その他、循環器疾患治療専門施設に特化した内容として、ペースメーカークリニック心臓カテーテル検査室におけるモニタリング業務などの業務も行っています。

患者さまがより良い検査・治療が受けられるように、各種資格・認定を取得し、最先端・最善の知識・技術を持って患者さまに取り組むよう心がけております。

<取得資格>

  • 超音波検査士(心臓、腹部、体表)
  • 認定心電検査技師

検体検査部門

採血受付・採血室
採血受付・採血室
採血後、検体検査
採血後、検体検査

検体検査室では、採取された血液・尿・便などの検査を行います。

各検査は種々の自動分析装置やコンピュータが電子カルテとリンクし検査結果がでると同時に電子カルテにデータを表示するようになっています。

外来患者さまに対しては、採血後、すぐ隣の検体検査室にて迅速に検査結果を出し、当日の診察時に説明を受けていただくような体制 をとっています。

検体検査データは電子カルテにて、前回値との比較や時系列変化も見る事ができます。

血液を用いた検査では…

  1. 赤血球・白血球・血小板などの数や形態を調べる血液検査
  2. いろいろな試薬を使って、そこに含まれる物質の量を測定したり、酵素活性を分析する生化学検査
  3. 凝固・線溶系と呼ばれる止血検査
  4. 血液型検査(ABO式、Rh式)

院内で検査できる項目

血液検査

白血球数、赤血球数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値、平均赤血球容積、平均ヘモグロビン量、平均赤血球ヘモグロビン濃度、赤血球サイズ分布幅、血液像(好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球)

生化学検査

TP、ALB、T-Bil、ALP、AST、ALT、LD、γ‐GT、ChE、AMY、CK、CK-MB、T-cho、TG、HDL、LDL、BUN、UA、CRE、CRP、電解質(Na,K,Cl)、Ca、Glu、HbA1c、BNP、トロポニンI

感染症検査

HBs抗原定性、HCV抗体定性、TPHA抗体定性

凝固検査

PT(プロトロンビン時間)、トロンボテスト、APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)、出血時間

上記以外の生化学検査は外注しています。

尿を用いた検査では…

 試験紙を用いて、ウロビリノゲン、潜血、ビリルビン、ケトン体、糖、蛋白、pH、比重、亜硝酸塩、白血球を調べることができます。また、顕微鏡で細菌感染や血尿の有無などをもっと細かく調べる尿沈渣という検査をしています。

検体検査の流れ

  1. 患者様が採血室用受付の箱に受付票を入れる。
  2. 担当者が受付票のバーコードを臨床検査システムのバーコードリーダーにて読み取り(※万が一受付票がなかったり、バーコードリーダーが使えない場合は患者IDを手入力も可能)、検査用バーコードを発行し、対応する試験管に貼る。
  3. 採血をする。
  4. 隣の検体検査室にて検体を受け取り、検査用バーコードを臨床検査システムのバーコードリーダーにて読み取る。(同時に⇒「到着確認」電文が電子カルテへ流れ、電子カルテからは医事会計へ会計電文が流れる。)
  5. 検査を行う。
  6. 検査がすべて終了しデータ確認後、電子カルテにデータを送信する。
  7. 診察時、電子カルテにて検体検査結果を閲覧する。(前回値との比較や時系列変化も見る事ができます。)

検査結果が出るまでにどれくらいかかるの?

採血後、血が固まるまで10分くらいおきます、その後、遠心を15分します(遠心分離といって血球成分と血漿成分にわけます。この時、血が固まってなかったら溶血してしまいデータに影響を及ぼします。)。

その後、検査機器にて測定20分前後(その時の 検体数によって異なる)にて行いデーター確認後(異常値であれば再検査するので更に20分くらいかかってしまう場合があります )電子カルテに送信して終了です。よって最低45分以上は必要となってきますのでご了承下さい。

輸血部門

輸血

輸血検査室では…

輸血部は輸血用血液製剤の管理、輸血のための適合試験等の業務を行っています。輸血検査はカラム凝集法(CAT:ColumnAgglutinationTechnology)を採用しています。

血液製剤管理… 

輸血部門でオーソ社製BTD5を用いて、血液製剤の入庫・保管・検査・出庫などの業務を一括して集中的に管理しています。

輸血療法委員会…

病院管理者及び輸血療法に携わる職員から構成し、年6回以上開催して輸血療法の安全に努めています。

血液製剤保管…

輸血用血液は自動温度記録計の付いた輸血用血液専用冷蔵庫にて4℃で保管し、新鮮凍結血漿は警報装置の付いた専用冷凍庫にて−30℃で保管しています。また毎日機器点検し血液製剤の安全な保管に努めています。

自己血輸血しています…

輸血による副作用を極力回避するために自分の血液を輸血バックに保存し必要時(手術時)輸血するシステムを可能な限り実施しています。

検体部門、輸血部門では、外部精度管理・内部精度管理・機器点検を行い、より精度の高い検査結果を迅速に報告することに心がけています。

生理検査部門検査システム

生理検査部門検査システム

生理検査部門検査システム

安静時12誘導 心電図検査

心電図

検査の目的

心電図検査ではリズムの異常(不整脈)の有無やその種類、虚血性心疾患(心筋梗塞など) 、心肥大の有無などを評価することができます。循環器診療においては最も重要で不可欠な検査法のひとつです。

検査方法

両手首、両足首、左前胸部の6カ所に電極をつけ約10秒間記録します。靴下、ストッキングは足首まで下げて頂き、上着は胸の上まで上げて頂きます。ベッドに上向きになり、体に余分な力が入っていたり、緊張や発汗があるときれいな心電図が記録できないので、力を抜いてリラックスした状態で記録します。

※時計、ネックレスはつけたままで検査できます。

心電図2

負荷心電図検査(マスタ階段・トレッドミル)

検査の目的

虚血性心疾患(狭心症)や運動によって誘発される不整脈など、心臓に負担をかけることで安静時には現れない心電図の異常を検出するために行われます。

検査方法

運動負荷には、下記に示す2つの方法があります。検査当日は、運動しやすい服装でおこし下さい。

  1. 凸型の2階段を、年齢、性別、体重で決められた回数を数分間昇降する検査  →  マスタ2階段負荷試験
  2. 動く歩道の小型版のようなもので、スポーツジムに似たものを用いて、心電図装置と血圧計をつけたまま、傾斜がついたベルトコンベアの上を歩行(駆け足)する検査  →  トレッドミル運動負荷試験

検査室にはAEDを設置して、心室細動など致死的不整脈出現時にも迅速に対応できるよう整備されています。

マスタ2階段負荷試験
マスタ2階段負荷試験
トレッドミル運動負荷試験
トレッドミル運動負荷試験
AED
AED

24時間心電図検査(ホルター心電図)

ホルター心電図解析

検査の目的

長時間の心電図が記録できる携帯用の機器で、通常は24時間連続して記録を行い、コンピュータで再生した後、解析します。

1日の総心拍数、最高・最低心拍数や不整脈の種類、不整脈の数、それぞれの発生時間や心拍数との関係などから、不整脈や虚血性変化を正確に診断することが出来ます。  

検査方法

胸部に5枚の電極をつけ、携帯ラジオ程の大きさの記録器につなげて、記録器を腰につけます。ホルター心電図を装着したまま、普段と同じように生活して頂き、翌日装着時刻とほぼ同じ時刻に、記録器をはずしに再来院して頂きます。

装着中の自覚症状や簡単な行動記録(起床、食事、投薬、運動、胸部症状)を所定のカードに記録していただきます。解析に重要な情報ですのでご協力をお願いします。

原則として、装着中の入浴、シャワーは避けていただきます。

超音波検査

超音波検査とは・・・

人間の耳には聞こえない超音波を体内に照射すると、組成の違う部分では反射して返ってきます。この反射波を体表面でとらえ、体内の様子を画像化するのが超音波検査(エコー診断)です。臓器の形態や腫瘍などの病変、血流などを画像化できます。心臓、肝臓、胆のう、すい臓、腎臓などが撮影可能です。

この検査は、患者様への苦痛はなく、生体に対する悪影響もなく安心して受けることができます。

1)心臓超音波検査

検査の目的

心臓には、左心室、右心室、左心房、右心房の4つの部屋と、逆流を防ぐための4つの弁があります。体の表面から超音波をあてて、心臓の形態や動き、心臓の筋肉や弁の状態、血液の流れを観察する検査です。

検査方法

上半身は衣服を上げていただき、左肩を下にして横向きになり、寝て頂きます。胸にゼリーをつけ、プローブ(超音波を出して受信する装置)を胸にあてて検査を進めます。検査中は、必要に応じて少し息止めをして頂きます。検査時間は、約15〜20分です。

正常1
正常1
正常2
正常2
心筋梗塞1
心筋梗塞1
心筋梗塞2
心筋梗塞2
僧房弁狭窄症1
僧房弁狭窄症1
僧房弁狭窄症2
僧房弁狭窄症2
肥大型心筋症1
肥大型心筋症1
肥大型心筋症2
肥大型心筋症2
心房中隔欠損症
先天性心疾患
心房中隔欠損症

2)頚動脈超音波検査

検査の目的

頚部動脈領域の超音波検査は体表面に近く、容易に血管内の詳細な観察が可能です。頚動脈超音波検査は、全身の動脈硬化の程度を表す一つの指標となり、プラークの有無やその程度、血液の流れ方などを観察して狭窄病変の有無を観察することが出来ます。

検査方法

ベッドに仰向けになり、顔を横向きにして頂きます。首にゼリーを塗り、プローブ(超音波を出して受信する装置)を首にあてて検査します。首のつまっている服(タートルネック、ハイネック)は避けて下さい。検査時間は、約15〜20分です。

正常な頸動脈の血流
正常な頸動脈の血流
高度狭窄症例の頚動脈血流
高度狭窄症例の頚動脈血流

3) 末梢血管超音波検査

検査の目的

近年の“生活習慣病の増加”に伴い動脈硬化性疾患が増加し、同時に閉塞性動脈硬化症が急増しています。動脈硬化性病変の早期発見、病変の観察、治療経過の観察に際して下肢血管超音波検査 を中心とした、末梢血管超音波検査で血管を直接観察します。

検査方法

下肢血管超音波検査足の付け根から太もも、足首にかけて血管(動脈)を観察します。検査中はズボン、スカート、ストッキングを脱いで、ベッドに仰向けに寝て頂きます。観察する血管の部位によっては、うつぶせに寝て頂く場合もあります。観察する血管のある部位にゼリーを塗り、プローブ(超音波を出して受信する装置)をあてて検査します。検査時間は、約15〜20分です。

4) 腎動脈超音波検査

検査の目的

腎臓は脳や肝臓と同じように、その機能を十分に発揮するには豊富な血流量を必要とします。加齢とともに大血管の拡張が進行し、大動脈の流速は減少します。また、加齢により腎機能が低下し腎動脈の血流速度も低下します。本検査では、腎血管性高血圧にみられる腎動脈狭窄の有無やその程度、慢性腎不全にみられる腎機能障害の程度、さらには腎動静脈瘻の診断などが行われます。

検査方法

ベッドに仰向けに寝て頂き、上腹部を出して頂きます。皮膚面にゼリーを塗り、プローブ(超音波を出して受信する装置)を体にあてて検査します。脂肪や腸管ガスが検査の障害となるため、検査前は絶飲食でお願いします。検査時間は、約15〜20分です。

腎動脈1
腎動脈2

5) 腹部超音波検査

検査の目的

腹部超音波検査では、腹部にある各種臓器を観察して病態把握、がんなどの早期発見のために行っています。おもな対象臓器は、肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓・消化管などです。疾患としては、肝臓では脂肪肝、急性・慢性肝炎、肝硬変、肝癌など、胆嚢では胆石や胆嚢炎、胆のうがん、腎臓では腎結石、腎嚢胞、腎細胞がん、膵臓では、急性・慢性膵炎、膵がんなどを評価することができます。

検査方法

ベッドに仰向けに寝て、上腹部を出して頂きます。観察する皮膚面にゼリーを塗り、プローブ(超音波を出して受信する装置)を体にあてて検査します。検査中は、必要に応じて大きく深呼吸や息止めをして頂きます。
 飲食後は、胆嚢が収縮したり、消化管に入った食物が超音波の伝播を悪くするため十分な観察ができないので、検査前は絶飲食でお願いします。検査時間は、約15〜20分間です。

脂肪肝(エコー画)
脂肪肝(エコー画)

6) 甲状腺・乳腺 超音波検査

検査の目的

甲状腺、乳腺など体表に近い臓器は触診でもある程度の診断が可能ですが、超音波検査を用いることで診断の精度がより向上します。甲状腺の形態(腫大や萎縮)や結節性病変(良性腫瘍や悪性腫瘍など)の有無をみるための検査です。甲状腺機能亢進症では、時に不整脈を生じることがあり、甲状腺は大きくはれている場合があります。乳腺では乳腺症、乳がんなどの評価に用いられます。

検査方法

ベッドに仰向けになり、甲状腺では顎を上げ頚部を伸展し首元を大きく開けて検査をします。乳腺では上半身を脱いでいただき検査を行います。ネクタイ、スカーフ、ネックレスははずして頂きます。首または乳房全体にゼリーを塗り、プローブ(超音波を出して受診する装置)をあてて検査をします。検査時間は、約15〜20分間です。

正常な甲状腺(エコー画)
正常な甲状腺(エコー画)

ペースメーカークリニック

検査の目的

徐脈性不整脈(洞機能不全症候群、房室ブロックなど)で著明な徐脈となり、めまいや失神、易疲労感などの症状を呈したりする患者様には恒久的ペースメーカーを植え込まれる治療が行われます。ペースメーカー植え込み手術後には、リードの状態や電池消耗などを評価するための定期的なペースメーカークリニックが必要です。またペースメーカーは患者様の心拍のリズムを助ける重要な機器であり、場合によっては緊急を要します。当センターでは、どのような状況でも迅速にペースメーカーの安全な動作を確保すべく、各種メーカーのプログラマを整備し、いつでも対応できるような体制をとっています。

検査方法

心電図検査と同様、ベッドに仰向けになって寝て頂きます。電極をつけて心電図を記録し、プログラマーをペースメーカー植え込み部位にあてます。プログラマーは体の外からペースメーカーの各種設定を変更したり、ペースメーカーに記憶された各種情報を取り込んだりすることが出来ます。 患者様の不整脈に応じた動作状況を把握し、最善の設定になるよう調整しています。

クリニック1
クリニック2

心臓カテーテル検査室おけるモニタリング業務

心臓カテーテル検査室では、冠動脈造影検査や心内圧測定、経皮的冠動脈インターベンションなどが行われています。心臓カテーテル検査・治療中には、12誘導心電図モニターが不可欠であり、その業務に我々も携わっています。

さらにモニタリングにとどまらず、血管内超音波検査や心臓カテーテル検査・治療中に起こりうる様々な合併症に迅速・的確に対応できるよう、除細動器、体外式ペースメーカー、大動脈バルーンパンピング(IABP)、経皮的人工心肺装置(PCPS)などの準備や管理、操作などにも取り組んでいます。

カテ室1
カテ室2
カテ室3
カテ室4
カテ室5

ホームモニタリング

当院では2009年2月から、ホームモニタリングを開始しています。日本では現在、3機種(BIOTRONIK社製 ICD Lumax340 VR-T XL、Lumax340 DR-Tの2機種、CRT-D Lumax340 HF-T1機種)が使用可能となっています。

<ホームモニタリングシステムの実際の流れ>

  1. 植込みデバイスに、アンテナと送信機が内蔵されており、データが無線で送信されます。
  2. 受信機(カーディオメッセンジャー)でデータを受信し、電話回線でドイツのサービスセンターまで送信します。
  3. 病院が設定する項目に異常があった場合のみサービスセンターからお知らせメールが届きます。
  4. 病院からドイツのサービスセンターのウェブサイトにログインしてデータを閲覧し解析します。異常がない場合でも、毎日のデータはいつでもインターネットで閲覧することができます。
  5. 設定変更など必要がある場合は、患者様にご連絡いたします。

<目的>

ホームモニタリングを有効に活用することで、植え込み型デバイス(ICD、CRT-D)の機能・情報を最大限利用して、植え込みデバイス患者様のQOLに役立てます。

  1. 無症候性心房細動などの不整脈を早期発見し治療を行い心不全、脳梗塞などの予防を行う。
  2. 不整脈や心不全に対する薬剤の評価を行う。
  3. イベント発生症状があった場合に来院の必要性の有無を判定する。
  4. イベント発生時、来院されなくても病院にて細かな解析ができ、的確な治療方法、設定を決定できるため、クリニック中、およびクリニック後の待ち時間が減少します。

〔注意〕緊急対応用のシステムではありません。

ホームモニタリング